自宅で治すニキビ跡の治療法

ニキビが出来た後にできるニキビ跡に悩まされる人は少なくないです。
ニキビ跡はどのようにすれば治す事ができるのでしょうか。

皮膚には再生能力があるため、ニキビ跡はあまりひどくない場合であれば、
自宅で気長にスキンケアをすることによって、治すことができます。

スキンケアを行なっている人とと行なってない人を比べると、
跡の残り方にかなり差がでてきます。

また治療には自宅で行えるものと病院で行うもの、
美容外科による治療があります。

それほどひどくない場合には、自宅のケアで目立たなくできるのですが、
ニキビ跡がでこぼこのクレーターのように残るものについては、
治すためには専門医の治療が必要になります。

自宅でのニキビ跡ケア

自宅で行うニキビ跡のケアとしては、ピーリングがあります。
ピーリングは剥くということで、古い角質層を取り除くことになります。
古い角質層を取り除くことによって、皮膚細胞を作る力が活発になり、
それによって皮膚の再生能力が高まるのです。
ケアは、ピーリングの石鹸やジェルを使って行ないます。
毎日すると肌に負担をかけてしまいますので、
週に2~3くらいの割合で行うようにします。
肌に負担をかけないように、使用方法をしっかり守って行なう事が大切です。

ハイドロキノン

また最近では、ハイドロキノン配合の市販の薬が売られています。
こちらは以前は医師の処方が必要な薬だったのですが、
含有量は低くなるものの市販でも購入できるようになりました。
美白効果がかなりあるものになりますので、効果が期待できます。
ニキビ跡がある時には日光に当てないようにする等のケアも必要です。

↑PAGETOP

運営ポリシー・概要